CASE STUDY お客さまの導入事例

想いを言語化して、浸透させてくれる頼もしい存在です

株式会社東洋不動産
代表取締役 織田 真澄 氏

株式会社 東洋不動産は、32年を超えて東広島市に店舗を構える地域密着型の不動産会社。コンセプトとして、「くらし」+NAVI(案内)」+「ビスタ(展望)」を合わせた造語である「くらしナビスタ」という存在を目指しており、お客様が思い描く未来への案内人としてお客様に寄り添い、不動産業に限らない、暮らしや生活、相続や資産運用まで、ワンストップで提供できる存在を目指しています。

家業を引き継ぐだけでなく、地元東広島市の活性化のために、社外での活動にも積極的に身を投じてきた、代表取締役の織田真澄さんに、ixisのサポートをどういった理由で導入したのか、その経緯や、導入後の変化についてお話をお聞きしました。


 寄り添いすぎて、利益が出にくい状態でした

ー ixis相談前に、どんな課題があると感じていましたか?

15年ほど前に先代の母が急逝しました。青天の霹靂で、突然事業を継ぐことになりました。当時は、母が売買系を中心とした主要な業務の大半を担っており、まずは業務をこなすこと、社長を継ぐこと、会社を存続させることを最優先に、奮闘しておりました。

 その後、外部での活動(商工会議所やロータリークラブ)にある程度軸足を割く必要が出てきて、社内組織を見直そうとした際に、社内の効率の悪さに気づきました。地域密着の不動産会社として、お客様に寄り添う力を持った会社だと自負していましたが、余りにも寄り添いすぎて、利益のない仕事も数多く社員が受けてしまっていましたことに気づきました。

 後からわかったことですが、先代の時代に難易度の高い仕事はすべて先代が担当していて、社員はその周りの仕事を「言われたら手伝う」というムードが長く根付いてしまっていたようです。売上を上げるための努力や、収益を考える習慣がない状態だったのです。「自分たちが売り上げを上げれば、給与も上がる」という筋道もなく、日々を楽しく過ごすだけのムードに慣れてしまっていたといえるでしょうね。いったい、どうすればいいのかと悩みました。

ー どういった経緯でixisのことをお知りになったのでしょうか。

杉原さんとは商工会議所の青年部で旧知の仲でしたから、相談しているうちに自然にお願いする形になっていったと思います。

社内の状態を見ていただいて、前述のような状況であることに気づかせてくださいましたし、私が結構、感覚で仕事をする方で、自分の目指すことや考え方を明確な言葉にしていない状態だったのを、きちんと翻訳して、言葉にまとめてくださって、そこでixisさんに依頼することが、悩んでいた課題の解決に近づく筋道だと感じました。

会話が前向きな雰囲気になりました

ー ixisの導入時のご苦労はありましたか?

財務情報を開示して、利益を確保するために効率的に仕事をする。不動産の領域だけでなく、お客様に寄り添って、お客様が思い描く未来への案内人として、必要なことを提供できる存在になる、という方針を決め、組織化を行うなどを進めていきましたが、既存の社員からの反発が強く、そこに杉原さんが入って、社員たちと話し合いを重ねてくださいました。その結果として、私が示した方向性とほとんど同じ答えを社員たちが自分たちで選んだ結果となりました。それにより、社員が納得できるだけの意見交換や説明の場や、咀嚼するための時間が必要だったことに気づけました。また、方向性の変化に対して、残念ながら退職を選ぶ結果となった方にも、杉原さんが丁寧に面談を重ねてくださいました。

ー ixis導入時のご苦労はありましたか?

社内の改革に取り組んで、やっと結果が見えてきたと感じるまで約2年かかりました。社内の会話の雰囲気が前向きに変わり、世間話から仕事の話に変わったことで、成果も上昇していきました。それでも、まだやっとスタートに立ったという気持ちです。地域のお客様に頼っていただける存在となれるよう頑張っていきたいですね。

また、ixisさんには、それまで社員にとって、とっつきにくく使用されていなかった業務支援や請求書のシステムに替えて、クラウドシステムをカスタマイズすることで、社員に馴染みのあるエクセルに近い操作感覚で使用できるシステムの構築も行っていただき、それによって、業務効率も改善されました。

面白いと思うのは、新しい方針を示したことで、それをホームページ等で読んで共感して「私もそれを目指したい」という志望動機を持った採用応募者が増えてきたことです。事業の方針をきちんと言語化することの大切さを改めて感じました。

経営者をサポートしてくれる存在

ー どのような方にixisはおすすめでしょうか。

経営者は、社員に対して親心を持っていますから、厳しいことを本人に伝えることをつい避けてしまいがちです。少なくとも私はそれが苦手でしたね。それをixisさんは私の替わりにはっきりと伝えてくださって、なおかつその後の進捗状況もしっかりとチェックされるので、私のような悩みを持つ経営者には合っているのではないかと思います。個人事業を組織化していきたい方や、私のように家業として継いだものの、どう改善していいのかわからない・・という方にはおすすめできる支援だと思います。

導入事例一覧に戻る